既に出来たシミを除去する方法

既に出来たシミを身近な物で除去する方法

できてしまったシミは、「もう消えないもの」と諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

確かにシミは、頑固な肌悩みの1つで、簡単に消せるものではありません。

 

ですが、努力をすれば消すことは可能なのです。

 

美白化粧品というのもありますが、美白成分の中には刺激が強かったり、白斑と言われる症状を引き起こしてしまうものもあるので、抵抗がある方もいますね。

 

そこで、そんな方はより身近で安全性の高いものを利用して、シミを除去する工夫をしてみましょう。

 

例えば抹茶を使ったパック。

 

抹茶と言えば日本で古くから知られるお茶の1種ですが、これにはタンニンやビタミンC、クロロフィルなどが含まれています。

 

これらがターンオーバーを促進して、できてしまったシミを薄くする効果を発揮してくれるのです。

 

方法もとても簡単で、抹茶の粉末と小麦粉を混ぜて、水で練って塗りやすい硬さに調整し、お肌に乗せるだけです。

 

このまましばらく時間を置いてから、洗い流します。

 

あとはいつものスキンケアをするだけなので、とっても簡単ですね。

 

小麦粉にも美肌効果があるということが知られていますので、小麦粉と抹茶の相乗効果を狙える、お手軽でお手頃な魅力的な美肌ケアだと言えます。

 

それから、豆乳ローションを手作りしてみるのも良いでしょう。

 

豆乳と言えば、大豆からできて飲み物で、これには女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む、様々な栄養が凝縮されています。

 

これをローションにして、シミのケアに用いるのです。

 

用意するのは成分無調性の豆乳250mlと、レモンが1個、それから消毒に使用するエタノールが30mlです。

 

豆乳を沸騰しないように鍋で温め、60度程度の温度になったところでレモンの絞り汁を加えて混ぜ、しばらく混ぜた後にエタノールを加えて混ぜます。

 

あとは布巾で裏ごしすれば、透き通ったローションが出来上がります。

 

女性ホルモンが整うことでシミのケアができる上に、ムダ毛が少なくなるという効果も期待できるローションなので、顔だけでなく、全身に活用してしまいましょう!